ピラティスを行う際には、体の動きもとても大切なのですが、それと同時に呼吸法もとても大切になってきます。

呼吸の仕方を意識して呼吸をしながら体を動かすことによって更に大きな効果を期待することができます。

呼吸法としてはお腹を膨らませないようにする呼吸法となります。このお腹を膨らませない、という点がポイントです。

基本的にピラティスで行う呼吸法は、胸式呼吸法という呼吸法となります。口や鼻から息を吸い込んでお腹ではなく胸を膨らませるという呼吸法です。

ヨガとピラティスは同じようなものに感じる方も多いかもしれませんが、この呼吸法でも大きく違ってきます。

ヨガの場合では、お腹を大きく膨らませる呼吸法をとっているのに対し、ピラティスの場合ではお腹は膨らませずに胸を膨らませるのですから、この違いが分かっていただけるかと思います。

胸式呼吸では交感神経の働きが活発になり、筋肉が緊張している状態となり、この状態を負荷としてうまく利用してピラティスを行うのです。また同時にインナーマッスルが刺激されて筋肉を鍛えることができます。