個人で事業を始める前に 個人で事業を始めようと思っていますか?最初はわからないことだらけだと思いますので、いろいろと調べることをお勧めします。 個人事業といってもいろいろあると思います。どんな仕事によるかにもよりますが、税のことや法律のことを一通り勉強しておく必要がありますので、その時間を確保することが必要ですね。というのも、個人事業主というのは、会社ではなく個人で営利活動をする立場ですので、法人とはルールが違います。税率なども違いますので、その点注意をしなければなりません。また、確定申告も個人で行わなければなりませんので、そのために日々お金の流れを記録していく必要があります。ということで、個人で事業を始める場合は、どのように進めていかなければいけないかを、理解した腕進める必要があるのです。
法人化のメリット 法人化することのメリットはたくさんあります。多くの方は、節税ということを考えるのではないでしょうか。確かに節税のメリットは大きいですけど、そもそも、個人事業主と法人では社会上の責任が異なってくるのです。 どういうことかというと、個人事業主で借り入れをしたり、事業がうまくいかなくなって事業の借金ができたとしても、それは個人の借金と変わらず、個人が負債を負うことになります。しかし、法人になると、たとえその法人が資産を取り押さえられたとしても、代表の資産を取り押さえるということではありません。 つまり法人になったら、責任が有限になるのです。個人の場合は無限です。ここが大きな違いであります。また借り入れの申し込みであっても、個人での申し込みと法人として申し込みとでは、重みが違いますので、融資の通りやすさも全然違ってくるのですね。 私の知り合いであるディーゼル時計のお店の経営者の方も、法人化を考えているようです。いろいろ調べていましたね。 このように法人化には節税以外にも、メリットがたくさんありますので、個人事業主の方は一度考えられてはいかがでしょうか。
メニュー 準備中
TOPICS
2014/08/31
更新しました。